お金借りる 日曜日

土日OK・総量規制なしで借りたい?

土日でも借りることができる総量規制対象外のカードローンでは、バンクイックや新生銀行レイクなどに人気があります。
はじめてのキャッシングでも選ばれることが多いカードローンですが、総量規制対象外で年収の3分の1を超える融資も受けられ、とても人気の高いカードローンです。
ただし、土日にバンクイックやレイクに申込むときは、いくつかの注意点があるのも事実です。
土日でも確実に借りるためにも、その注意点について確認しておくようにしましょう。

 

カードローンの申込みで収入証明書の用意ができるか?

 

土日にカードローンで申込む場合、総量規制の対象かどうかに関係なく、年収を証明するための書類の用意ができるかどうかがポイントになります。
総量規制は銀行カードローン以外のキャッシングを規制するものですが、銀行カードローンでも一定の金額以上を希望するときに、証明書の提出が必要になります。
バンクイックやレイクの場合は、100万円までは証明書不要としていますが、100万円超の希望額なら、書類の用意をしておく必要があります。
源泉徴収票や所得証明書の用意が難しいときは、証明書不要で帰れる金額が多い三井住友銀行カードローンなどを選んでください。

 

土日のカードローン審査が行われている時間帯について

 

平日と土日の違いは、銀行振込でのキャッシングができるかどうかだけでなく、カードローン審査が行われている時間帯が違う点になります。
土日のカードローン審査が短くなっているバンクイックなどもありますので、「何時までに申し込めば間に合うのか?」という点を確認する必要があります。
たとえば、バンクイックに申込むなら、平日は21時まで審査が行われていますが、土日と祭日は9時〜17時までと短くなっています。
どのカードローンに申込む場合でも、審査が行われてる時間帯については、確認した上で申込むようにしましょう。

 

土日のカードローン審査は混雑している!?

 

土日にカードローンに申込む方は、平日よりも多いと思いますので、審査が混雑していることもあります。
バンクイックのように「最短30分」で審査の結果の連絡がある場合でも、混雑していることによって、数十分の遅れが生じることがあります。
できるだけ早い時間帯に申込み手続きを完了させ、すぐにでも審査を始めてもらうのがポイントです。
運転免許証や健康保険証を用意し、カードローンの申込み画面に進んでみてはいかがでしょうか。