お金借りる 日曜日

簡単にお金を借りる方法

知人や友人、あるいは、親や兄弟からお金を借りるのは、誰でも抵抗を感じてしまいますし、簡単に借りれるものではありません。
しかし、消費者金融や銀行のカードローンを利用すれば、自分だけの責任で、誰でも簡単にお金が借りれるようになります。
消費者金融や銀行のキャッシングに注意点がないわけではありませんが、いくつかのポイントについて注意すれば、安心して利用できます。
お金を借りる方法が分からずに困っているなら、日本で1300万人もの人が利用しているカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

カードローンの申込みの際の注意点について

 

お金を借りるためには、利用するカードローンの申込みをする必要があります。
カードローンの申込みで注意しなければならないのは、総量規制というものがあることです。
銀行を除く消費者金融などのカードローンでは、年収の3分の1超のお金は借りれません。
借りたいお金の金額が年収の3分の1を超えているときは、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを選んでください。
なお、自宅に郵送物が届くのが困る方もいるともいますが、郵送物をなしにするためにも、金融機関のホームページから申込むようにしましょう。

 

審査に落ちないための重要なポイントとは?

 

カードローンの申込みをすると、カードの限度額を決めるための審査を受けることになります。
希望している金額が借りれるかどうかが決まる重要な手続きですので、審査に悪影響を及ぼす行為はしてはいけません。
カードローンの審査落ちでは、審査項目の嘘が原因となることが多くあります。
他社の借入残高がある場合でも、正直に現状を伝えるようにしてください。
カードローン審査でのウソがばれてしまうと、間違いなく審査落ちとなりますので、十分注意する必要があります。

 

お金を借りるのに必要な書類とは?

 

カードローンの申込みで必要になる書類は、基本的には、本人確認書類というものだけです。
申込みをした本人に間違いないことを証明するものですが、運転免許証や健康保険証、あるいは、パスポートなどを利用します。
また、50万円超の高額融資を希望している場合、消費者金融で年収を証明するための書類が必要になります。
書類を用意できる場合はいいですが、用意が難しいときは、証明書不要で申し込める、銀行のカードローンを選んでください。
バンクイックやレイクなどを選べば、100万円程度までの借入なら、証明書不要で申し込めます。