お金借りる 日曜日

他社借入がある場合の学生ローンの選び方

学生ローンの申込みを考えている方の中には、すでに別会社のローンを組んでいる方もいると思います。
別会社のローンを利用しているからといって、新たな申込みができないわけではありませんが、総量規制の影響がある消費者金融に申込むときは、若干の注意点があります。
総量規制の基本的な内容を確認し、確実に追加融資に成功するようにしましょう。

 

総量規制の基本について

 

アコムやプロミス、ノーローンなどの消費者金融では、貸金業法の総量規制が影響しています。
総量規制は、消費者金融のような貸金業者による、過剰な貸付を防止するための仕組みのことをいいます。
具体的な総量規制の内容は、年収の3分の1を超える融資を原則として禁止する、というものです。
この基準を上回る融資は、どの消費者金融でも禁止されている点に注意が必要です。

 

他社借入がある場合の総量規制について

 

他社借入がある場合の総量規制は、すべての借入残高の合計で年収の3分の1を計算します。
たとえば、年収150万円の学生の方は、総量規制によって50万円までの融資となりますが、すでに30万円の他社借入があるなら、新たな融資は20万円までに制限を受けます。
この総量規制によって、必要とする金額の借入れが難しいときは、総量規制の対象外ローンを選ぶことになります。

 

総量規制対象外の学生ローンとは?

 

総量規制対象外となっている学生ローンは、銀行が提供するサービスのことです。
バンクイックやレイクなどのような銀行のローンでは、総量規制による影響はありません。
年収や信用情報機関に登録されている情報により、年収の3分の1超の限度額となる可能性が高くなります。
高額融資を必要としているとき、あるいは、他社借入がある場合の学生ローンでは、消費者金融よりも銀行カードローンの方が借りやすい傾向があります。
銀行のローンでは、100万円程度までなら証明書不要で申し込めるのも、人気を集めている理由になっています。