お金借りる 日曜日

クレジットカードのキャッシングは総量規制対象外?

最近では、クレジットカードのキャッシング枠を利用して融資を受ける方もいますが、クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の影響があります。
クレジットカード会社や消費者金融などからの融資は、合計で年収の3分の1までとなっています。
すでに消費者金融の利用がある方などは、キャッシング枠の審査に落ちてしまう心配があります。
年収の3分の1という基準に不安を感じているなら、総量規制対象外の銀行カードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

 

銀行カードローンが総量規制対象外!

 

総量規制対象外のカードローンかどうかの見分け方は、提供している会社が銀行かどうかで判断します。
銀行は、総量規制の規定がある貸金業法の影響を受けませんので、必然的に規制の対象外となります。
クレジットカード会社は、貸金業法が規制する貸金業者の1つになりますので、クレジットカードのキャッシング枠も「年収の3分の1まで」という制限があることになります。

 

キャッシング枠の審査のリスクについて

 

また、クレジットカードのキャッシング枠の審査では、ショッピングを含めた総合的な審査となる点に問題があります。
カードを作った当初よりもローンの残高が増えていたりすると、キャッシング枠が認められないだけでなく、ショッピングの枠が減らされることもあります。
最悪の場合、クレジットカードが作れなくなってしまいますので、別途、総量規制対象外カードローンに申込むのがおすすめです。

 

総量規制対象外なら収入証明書も不要!

 

クレジットカードのキャッシング枠の審査では、50万円を超える希望額のときに、必ず収入証明書の提出が求められます。
総量規制と同様、貸金業法の規制によるもので、消費者金融の利用でも50万円超で必要になります。
これに対し、銀行のカードローンなら収入証明書の提出要件もゆるくなりますので、100万円以下の希望額で収入証明書が必要になることもないでしょう。